札幌市西区平和にある歯科・歯医者 平和歯科クリニック
一般歯科、小児歯科、マタニティ歯科、矯正歯科、予防歯科、訪問歯科、むし歯治療、
歯周病治療、インプラント治療、義歯(入れ歯)、審美歯科、ホワイトニング、破折歯接着治療

月曜・木曜
9:30~20:00
火曜・水曜・金曜
9:30~19:00
土曜
9:30~14:00

日曜・祝日
年末年始は
休診

受付は診療終了時間の1時間前まで

ご予約・お問い合わせはこちら

011-667-6551

入れ歯(義歯)

診療案内

平和歯科クリニック

診療内容

予防歯科・定期健診/小児歯科
マタニティ歯科/むし歯治療
歯周病治療/矯正治療
ホワイトニング
審美歯科・セラミック治療
入れ歯(義歯)/インプラント治療
破折歯接着治療/訪問歯科

診療時間

月曜・木曜9:30~20:00
火曜・水曜・金曜9:30~19:00
土曜9:30~14:00

※日曜・祝日年末年始は休診
※受付は診療終了時間の1時間前まで

私たちと一緒に 当院で働きませんか?

Powered by 口コミ病院検索QLife

よく噛める、痛くないあなたに最適な入れ歯を

合わない入れ歯をそのまま使い続けると、食事をする時に痛みを感じたり、人とのおしゃべりが楽しめなくなったり、
人前で歯を見せることが嫌でうまく笑えなくなってしまう等、様々な問題が起こってしまいます。
平和歯科クリニックでは、そんなお悩みを解消するためにひとりひとりに合った入れ歯をご提案いたします。

いつまでも元気で、笑顔でいるために

歯を失ったら… 入れ歯で認知症を予防!

食べ物をしっかりと「噛む」ことは、脳を刺激するため、認知症の予防に効果があります。

しっかり噛むためには「歯」が必要です。もしあなたに天然の歯がほとんど無くても、あきらめないで下さい。天然の歯でなく、義歯を使用してでもしっかり噛むことができていれば、認知症になる割合はぐっと減ってくるという調査結果が報告されているのです。

その入れ歯、本当に合っていますか?

歯を失ってしまうと、その部分の歯ぐきは少しずつやせていくため、入れ歯を作って数年もすると、入れ歯が合わなくなることも少なくありません。

ぴったりの入れ歯で、よく噛んでしっかりと食事をして、元気に暮らしていくためにも、入れ歯が合わなくなってきたと思ったら作り直しを考えてみてください。

当院で扱っている義歯

保険適用の入れ歯・自費診療の入れ歯

入れ歯には保険適用のものとそうでないもの(自費診療)がございます。当院では以下のような様々な種類の入れ歯を取り扱っております。患者さんお一人おひとりの歯やあごの状態により、部分入れ歯にするのか、総入れ歯なのかなどでも違いがあり、最適な入れ歯は様々です。平和歯科クリニックでは、お口の状態やご要望に合わせて、患者さんに最適な入れ歯の選択をお手伝いいたします。

総入れ歯

床(しょう)という土台の上に人工歯が並んでいる入れ歯で、もとある歯ぐきなど粘膜部分との吸着力で固定させる入れ歯です。上下どちらかの歯列で自分の歯が全くなくなってしまった時に使う入れ歯がこちらです。

プラスチック床の義歯 (保険診療)

一般的な保険適用の入れ歯です。
分厚くて食べ物の温度が伝わりにくいなどのデメリットがありますが、修理がしやすい・料金が安いといった利点もあります。

シリコーン義歯(自費診療)

高性能の生体用シリコーンで、肌に当たる部分を覆ったお口にやさしい快適な義歯です。

シリコーンは弾力があり、噛んだとき歯肉にかかる力を軽減します。また、密着力がありぴったり吸着します。
痛い、噛めない、外れやすいを解消し、よく噛めるようになります。

※顎の骨がやせてくると、徐々に合わなくなります。

金属床の義歯 (自費診療)

金属床義歯は、床の厚みが保険適用のレジン義歯より薄く、口腔に密着します。そのため、食べ物の温度が伝わりやすく、美味しさを味わうことができるようになったと、感謝のお言葉をいただくことも多い義歯です。チタンやコバルトクロムを使用した高性能の床が開発されています。

チタン床の義歯

チタンは生体親和性の高い金属です。そのため金属アレルギーの心配がありません。また金属の中では軽く、しかし強度は鉄の2倍もあります。熱にも強く変質しにくいです。

インプラント併用の義歯

インプラント併用義歯は入れ歯を固定するために、インプラントを使用します。

部分入れ歯

歯ぐきと似た色をした床(しょう)の上に人工の歯がついている入れ歯です。歯を失った歯ぐきの上にのせて、周りの残っている歯に留め具(クラスプ)で固定して使うタイプの入れ歯です。部分的に歯を失った場合に使用します。

金属留め具の部分入れ歯 (保険診療)

一般的な保険適用の部分入れ歯がこちらです。
留める部分が金属性なので、笑った時などに少し目立ってしまいます。

ノンクラスプデンチャー

金属の金具のない、留める部分も全て歯茎と似た色の特殊なナイロン素材(プラスチックのような感じです)で出来ている入れ歯です。他人に入れ歯とは気付かれにくい見た目です。床が薄いので、違和感が少なく、軽くて装着感がよい義歯です。金属アレルギーの心配がありませんが、留める部分の劣化が金属よりは早く、2、3年でのつくりかえが必要になります。

自費診療料の料金表を見る

あなたにぴったりの入れ歯を一緒に考えていきましょう

まずはご相談下さい!

ご覧のように、入れ歯には様々な種類がございます。患者さんの歯や顎などのお口の状態や、入れ歯にどんな機能を求めるのか、ご予算はどの程度かなどにより、ご提案できる内容が異なってきます。

入れ歯づくりに関して不安やお悩みがある方は、まずは相談にいらしてください。経験豊富なスタッフが患者さんのご希望にぴったりの入れ歯をご案内いたします。

Copyright (C) HEIWA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.
スマートフォンサイトへ