札幌市西区平和にある歯科・歯医者 平和歯科クリニック
一般歯科、小児歯科、マタニティ歯科、矯正歯科、予防歯科、訪問歯科、むし歯治療、
歯周病治療、インプラント治療、義歯(入れ歯)、審美歯科、ホワイトニング、破折歯接着治療

月曜・木曜
9:30~20:00
火曜・水曜・金曜
9:30~19:00
土曜
9:30~14:00

日曜・祝日
年末年始は
休診

受付は診療終了時間の1時間前まで

ご予約・お問い合わせはこちら

011-667-6551

マタニティ歯科

診療案内

平和歯科クリニック

診療内容

予防歯科・定期健診/小児歯科
マタニティ歯科/むし歯治療
歯周病治療/矯正治療
ホワイトニング
審美歯科・セラミック治療
入れ歯(義歯)/インプラント治療
破折歯接着治療/訪問歯科

診療時間

月曜・木曜9:30~20:00
火曜・水曜・金曜9:30~19:00
土曜9:30~14:00

※日曜・祝日年末年始は休診
※受付は診療終了時間の1時間前まで

私たちと一緒に 当院で働きませんか?

Powered by 口コミ病院検索QLife

生まれてくるお子様のためにマイナス1歳からの予防

お子様がむし歯になってしまう主な原因は、お母さんや周りの大人からのむし歯菌の感染です。
ですから、お母さんやその周りの大人たちが、お口の中を綺麗にして、
できるだけ感染の危険が少ない状態にしておかないと
生まれてくるお子様がむし歯になる確率が上がってしまうのです。
妊娠中からお口のケアをしっかりと行って、母子ともに健康な状態を目指しましょう。

妊娠中にできること

お母さんがむし歯になると赤ちゃんもむし歯になるリスクが高まります。

生まれてくる赤ちゃんのお口の健康を守るには、まずお母さんのお口が健康でなければいけません。

グラフからもわかるように、お母さんのお口の中のむし歯菌の数が多ければ多いほど、その子どももむし歯菌に感染しやすくなっています。赤ちゃんが生まれてくるその前から、お母さんは、お口の環境をよくすることを意識していきましょう。

母親の口内のむし歯菌(ミュータンス菌)の数

妊娠時によく起こるトラブルと対処法

  • 歯肉の腫れや出血
  • 知覚過敏
  • 歯や歯肉の痛み
  • 口の中が乾く
  • 気分が悪く歯磨きできない

ご自宅でできること

  • ・食後の歯磨きやうがいをこまめにしましょう。
  • ・ヘッドの小さな歯ブラシがおすすめです。
  • ・つわりなどで具合が悪く、歯を磨けない時は
     ぶくぶくうがいをしましょう。
  • ・糖分の多い飲食物や酸性食品をだらだら
     食べるのは控えましょう。
  • ・甘いものが食べたくなったら、歯科医院で
     販売しているキシリトール100%の製品が
     おすすめです。

歯科医院でできること

・妊婦歯科検診
つわりがおさまる4~5カ月ごろに、一度歯科健診を受けましょう。
・妊娠時の歯科治療
治療が必要な場合は、比較的体調の安定する妊娠中期に済ませるのが理想です。歯科治療を受ける前に、産婦人科の担当医に一度相談することをおすすめします。

妊娠中のご来院は安定期がおすすめです

妊娠中に、むし歯や歯周病の治療、お口のクリーニングを行うのに適しているのは妊娠中期の安定期です。妊娠後期に入るとお腹も大きくなる影響から、横たわるだけでつらく、診察台に横になれない方もいらっしゃいます。

出産後は育児で時間が取れないということもありえます。安定期に入ったら、お口の健康をチェックするためにも、ぜひ一度歯科医院へ足を運んでください。

受診の際は母子手帳をお忘れなく

よくあるご質問

Q.妊娠中に麻酔を使用しても大丈夫?
歯科治療に使われる麻酔の量はごくわずかなので母子ともに身体への影響は心配ありません。
麻酔を使用せず、痛みを我慢して治療をするほうがストレスに繋がるためよくないと考えています。
もし以前に歯科麻酔薬でのトラブルや、効きが悪かった経験などありましたらお申し出下さい。
Q.レントゲンはお腹の赤ちゃんに影響しない?
歯科のレントゲンは、被ばく線量が非常に少量なので影響はありません。
また、撮影時には鉛のエプロンを首からかけて、レントゲンの被ばくをふせぎます。
Q.処方されるお薬は妊娠中に飲んでも大丈夫なものですか?
ご安心下さい。妊娠中でも安全に使用できる薬剤を処方しております。
Q.妊娠中の歯周病が早産などに関係するって本当?
歯周病が、早産や低体重児出生のリスクを2~4倍高めることが報告されています。
歯周病菌が血液のなかに入り込み子宮までたどり着くと、炎症を起こし、子宮の収縮が誘発されやすいためであるといわれています。

赤ちゃんが生まれたら

むし歯菌から赤ちゃんを守ってあげましょう

実は、うまれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、むし歯菌は存在していません。キスや口移しなどのスキンシップや、大人が使った箸で食べさせることで、赤ちゃんにむし歯菌をうつしてしまう場合がとても多いです。

3歳までにむし歯菌に感染しなければ、その後の人生でもむし歯になりにくくなるといわれています。周りの大人がしっかりお口をケアしてむし歯菌を減らす、過度なスキンシップは避ける、食器を共有しないなど気を配ってあげましょう。

どうすればいいの?赤ちゃんの歯磨き

赤ちゃんがうまれたら、時期やお口の状態を見て、正しいケアをしてあげましょう。
また、1歳半を過ぎたら定期健診をおすすめします。

乳児期⾆に⽩いカスがたまります。ぬるま湯でぬらしたガーゼを使って、やさしくふき取ってあげましょう。
⽣後7〜8ヶ⽉ぐらい前⻭が⽣えてきます。⻭の汚れは乳児のときと同じように、ガーゼで優しく、かみ合わせの部分は念⼊りにぬぐってあげましょう。
1歳が過ぎたら⾃分で⻭ブラシを持たせてみましょう。
ブラシに慣れたらお⺟さんがみがいてあげましょう。
Copyright (C) HEIWA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.
スマートフォンサイトへ