平和歯科クリニック

予防歯科・定期健診

治すための治療ではなく守るための治療

どなたでも、できれば、大事な歯を削ったり、抜いたりはしたくないと思います。むし歯や歯周病になる前に予防をすることができれば、そんな辛い思いもしなくてすむのです。平和歯科クリニックでは、一つ一つの治療が患者さんの将来の健康を守るものと考え、丁寧な治療を行います。それが、ひいては予防にもつながっていきます。定期健診で、患者さんの健康のサポートをいたします。

悪くなる前に予防することが大切です

歳をとれば歯の本数が減るのは当然…
そう思っていませんか?

歳をとって歯を失うことは、けして「老化現象」ではありません。むし歯や歯周病などの歯の病気が原因なのです。つまり病気を予防することができれば歯を失わずにすむのです。

予防歯科に取り組む人の割合と80歳時の残存歯数

予防歯科は、将来へ健康な歯を多く残すための取り組みです

予防歯科先進国のスウェーデンでは、80歳になったとき、多くの人が若いときとほとんどかわらない、20本程度の歯の本数を維持しています。これはスウェーデンが、20年以上も前から「定期健診」を国民に義務付けてきた結果です。子どもの頃から歯の健康に気を使い、定期的に健診を受けることが習慣化しているのです。

一方、日本では、歯医者さんは痛くなってから行くところだという考えの方が未だに多く、80歳時の残存歯数は10本未満になってしまっています。毎日、自分の歯で美味しくごはんを食べ、健康にすごしていくためにも、定期健診が重要なのです。

当院は予防歯科に力を入れています

治療後も歯の健康を守るために定期健診を受診しましょう

当院では治療を終えた患者さんに、お口の健康を維持し、人生をもっと楽しんでいただくため、定期的(3ヶ月に1度)に健診で来院いただいております。その都度、歯周病の検査、むし歯のチェックをしますので、「既に手遅れ!」という状況を無くすことができます。(当院は予防に重点を置いた診療スタイルです。)

また、担当制ですから、あなたの思いを理解するいつもの歯科衛生士がやさしく丁寧にお口のクリーニングをさせていただきます。ツルツル、ピカピカになって、ぜひともスッキリしてください。

予防専用ケアルーム完備!

当院では、治療が終わって定期健診に通う方のための、「予防専用ケアルーム」を設けています。治療が終わった患者さんは是非、このゆったりとした快適な空間で、リラックスしながら定期健診を受けてください。

定期健診担当制

当院の定期健診では、患者さんごとに担当の衛生士がつき、患者さんのお口の健康を一緒に考えていきます。

美容室に行くような感覚でお気軽に
お越しください!

平和歯科クリニックは、患者さんが気軽に通いやすい医院作りを目指しています。多くの人が、数ヶ月に1度美容室へ行くとおもいます。そんな風に歯科医院にも定期的に足を運んでいただけたら、ひどいむし歯や歯周病になることを防ぐサポートをすることができるのです。美容院に行くような感覚で、是非、お気軽に定期健診を受けにいらしてください。

定期健診ってどんなことをするの?

PMTC

歯みがきでは落とせない汚れも徹底清掃

「Professional Mechanical Tooth Cleaning(プロフェッショナルメカニカル トゥース クリーニング)」の略称で、歯科医師や歯科衛生士による徹底的な歯面の清掃のことです。歯を削るわけではないので痛みはなく、むしろすっきりしてきもちいいと評判です。
歯磨きでは落とすことのできない歯の汚れや細菌の巣(バイオフィルム)を、ゴムのチップややわらかいブラシのついた専用の機械を使って取り除きます。施術後は歯の本来の白さとツヤが出て、汚れがつきにくくなります。PMTCでは多くの細菌を取り除く事ができ、むし歯や歯周病の予防にとても効果的です。

ブラッシング指導

患者さんそれぞれに合った正しい歯磨きの仕方をお伝えします

歯並びの違いやかみ合わせの違いなど、お一人おひとりのお口の環境に合わせて最適な磨き方は異なります。歯科衛生士が患者さんごとに最適のブラッシング方法を丁寧にお教えします。歯ブラシの選び方などもあわせて丁寧にご説明しますので、ご自宅での歯磨きにも役立てていただくことで、より効果的なケアを実践していただけます。

むし歯チェック

ひどくなる前に、予防と対策を

むし歯やむし歯になってしまいそうな歯が無いか徹底的にチェックいたします。 むし歯になってしまいそうな歯は、すぐにしっかりとした歯磨きをするなどの対策をすればむし歯にならずにすむことがあります。

ご自宅でのケアも大切です!

自宅でのケア

大切な歯を守るためには、ご自宅でも正しいケアを続けることが大切です。

フッ素入りの歯みがき剤

お口の健康は毎日の歯磨きから

フッ素はむし歯の発生や進行を防いだり、歯質を強化するちからを持っています。フッ素を含んだ歯みがき剤を使用することで、毎日の歯みがきをより効果的に行うことができます。

デンタルフロス・デンタルリンス

歯ブラシの届かないすみずみまで綺麗に

歯と歯の間の小さな隙間など、歯ブラシでは届きにくい場所まで綺麗にするために、通常の歯みがきの後にデンタルフロスや歯間ブラシを使用することをおすすめします。デンタルリンスで口内細菌の繁殖を抑えることも予防に効果的です。

人は、寝ている間唾液の分泌が減るので、就寝中は口内細菌が繁殖しやすくなっています。ですから就寝前や歯みがきの仕上げとしてデンタルリンスを使い、お口の中の細菌を減らしておくと安心です。

ご存知でしたか?

予防歯科は節約にもなります

まだ悪くなっていない歯にお金をかけるのはもったいない、なんて思っていませんか?じつはむし歯などになって治療を行うよりも、予防のための定期健診を続けるほうが経済的なのです。

前歯のむし歯を治療した場合

期 間
治療終了までの
1〜2ヶ月の間6回ほど通院が必要
金 額
約10,000円
メ モ
むし歯が再発した際の治療や、詰め物やかぶせ物が
劣化した際に取りかえる時などに
お金がかかってしまいます。

定期健診に通う場合

期 間
3ヶ月に一度程度
定期的に通院(年4回)
金 額
年に約10,000円(1回2,500円程度)
メ モ
かかるお金は安定のうえ安く、
歯が悪くなってから治療を行うよりもお得です。

PCサイトヘ